ヘッダー画像

五十肩(四十肩)なら和泉市のつじ自然整術院

”五十肩(四十肩)”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 五十肩(四十肩)について、正しく理解しましょう

五十肩(四十肩)

  • 片方の肩に発生(両側に発展することも多いです)
  • 動作時痛
  • 痛いほうの肩を下にして寝られない  etc.
    • (動かさないで放置してしまうと肩関節の稼動範囲が狭くなる)

五十肩(四十肩)の原因


五十肩(四十肩)の一般的に言われる原因

  • 腱など肩関節周囲の組織の老化
    • (よく40~50歳代におこる肩関節周囲炎)

五十肩(四十肩)の無痛整体的な視点から見た原因

  • 姿勢、ストレス、筋力低下または肩こりなどの病的な筋緊張からの肩関節周囲の変形など
  • ストレスがかかりやすい年齢と、体力が急に落ちだす年齢が丁度一致した40~50歳におこる
  • 発生の起序
    • 姿勢、ストレスなど日常の負担が首や肩周囲におきる
    • 肩周囲のアンバランスな筋緊張が、肩周囲の違和感となる
    • 肩関節の微妙なずれにより炎症や引っ掛かり(インピンジメント)がおきる
    • 痛みが悪化し、可動域が狭くなる
    • 自律神経、姿勢が先行して悪くなっているため長期化する。

五十肩(四十肩)へのアプローチ


五十肩(四十肩)の無痛整体的アプローチ

  • まずは痛みの軽減。筋緊張の緩和をする。
  • 肩周囲のズレを見つけ、修正をする
  • 頚部を中心とした、全身調整(頚部には必ずと言っていいほど悪影響が出ている)を行う
  • 自律神経調整を行い、自己治癒力を高め、改善を促進する

五十肩(四十肩)の治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

痛みの軽減を優先する理由
  • 痛みはQOL(生活の質)の低下を招く
  • 痛みは更なる可動域の悪化を招く
  • ストレスからの開放が、症状の改善を早くする
全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 症状は2~3年で無くなる事が多いといわれます。ただし、可動域が狭くなりますのでストレッチなどは欠かせません
  • 治療によって痛みの軽減は早まりますが、それでも改善まで長くかかる症状です。
  • 症状が出た時には、すでに歪みは大きく進行しています。早めの正しい対処が必要です。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

0725-46-5310

五十肩(四十肩)のコラム一覧

五十肩(四十肩)のコラム記事

  • 『肩が痛い(肩関節より上腕部に近いとき)』...大阪和泉市・無痛整体

    『肩が痛い(肩関節より上腕部に近いとき)』...
    • 肩に痛みのメカニズムは概ね同じようなものです。

      五十肩でもそうでなくても、同じようなことが肩関節でおきていることが多いです。(ただし負傷された場合は別です)

      ただし、上腕に近い肩部の痛みに関しては一概に肩関節の影響といえない場合もあります。

      つい最近ですが、ひじ関節の施術で痛みが無くなった方がおられました。

      詳しいことはともかく、骨のゆがみ(関節のゆがみ)と筋肉のずれが影響しています。

      病院、整骨院、鍼灸、マッサージ、整体...何でも良いと思いますが、原因を追求、想定、明確にできる治療が望ましいです

    目次へ戻る

  • 肩・骨

    五十肩(四十肩)の治療についてはその場で痛みが取れることは少ないです。

    ただし、その場で明らかに可動域が広くなる(バンザイに近いことができるようになつなど)ことは珍しくありません。

    五十肩は原因不明となっていますが、原因はともかく、

    肩の状態は概ね皆さん同じような状態になっています。

    (五十肩以外の方でも肩周囲の痛みがある方は同じような状態になっていることが多いです)

    肩関節がある方向にずれているのですが、そのずれを起こす原因が肩背部の姿勢の悪化と筋力の低下によるものであると考えています。

    この状態がなぜ40歳過ぎにやってくるのかは不明ですが、無理が効かない歳になってきたということでしょうか。

    五十肩(四十肩)のずれの方向がわかっているので、そのずれを修正する施術を行うのですが、

    修正後、更に改善方向に向かう体力(気力)が体にある方は改善も速いはずなのですが、不思議と、そうは行きません。

    施術後の広がった可動域を維持する程度にとどまることが多いように思います。

    もちろん軽い症状の場合は一回で完全に治ってしまうこともありますが、多くは進行の阻止(五十肩はある程度までは徐々に進行することが多いです)、また、改善の期間を短くすることになります。

    目次へ戻る

  • 肩・痛み

    五十肩というものは不思議な現象です。
    おそらく、厳密に異常箇所を見ていけば他の病名がつくのでしょうが、
    50歳前後に急に肩周囲に何らかの負担がかかるというのは考えづらいので、
    体内の状態に変化があったと捉えるのが自然でしょう。

    なので、五十前後で起こる精神的な変化、もしくは体型の細かな変化が観察出来れば、
    本当の原因がわかるかもしれません。

    当院では、肩関節の歪みをメインとして改善をはかり、
    その周囲の歪みにも着目して施術しています。

    また、男女比で、男性に多いということですが、
    これは、いまどき、重たい荷物を持つ云々ということが原因と言えない生活環境になっていますので、
    おそらく、筋肉の走行の違いによるもののような気がします。

    ※この記事から3年程度で、五十肩の原因は何となくわかりました。そのおかげで施術のポイントを速やかに見つけることができるようになりました。

    治療に思い込みはだめですが、概ね肩の痛みには共通の要素があるようです。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる