ヘッダー画像

倦怠感なら和泉市のつじ自然整術院

”倦怠感”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 倦怠感について、正しく理解しましょう

倦怠感

  • 疲労によるもの
  • 病気によるもの
    • 肉体的、および精神的に動作が緩慢になる

倦怠感の原因


倦怠感の一般的に言われる原因


倦怠感の無痛整体的な視点から見た原因

  • 疲労、ストレスの解消が出来ていない
  • 病気である
  • 頚部、脊柱、胸郭に歪み
    • 歪みが先なのか、倦怠感を及ぼすストレス等が先なのかは、わかりませんが、各歪みが改善するにつれ倦怠感が減少する傾向があります。

倦怠感へのアプローチ


倦怠感の無痛整体的アプローチ

  • 頚部、脊柱、胸郭付近の筋緊張緩和と、歪みの調整
  • 全身調整による自律神経の調整  etc.

倦怠感治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 自律神経への働きかけは倦怠感に対して、かなりの効果が期待できます
その他気を付けたい点
  • 長期の倦怠感は重篤な症状の可能性もありますので、病院での診断は行ってください
  • 各症状に対しては、まず病院の治療を優先されたほうが良いです。
  • 当院の無痛整体療法は、体に余計な負担をかけることなく、体のバランスからのアプローチと、自律神経の調整による、精神的なアプローチの両面から治療を行いますので、高い確率で効果が期待できます。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

0725-46-5310

倦怠感のコラム一覧

倦怠感のコラム記事

  • インスリン依存型糖尿病(インスリン分泌が極端に低下している)

    ●急激に発症

    ●腹痛

    ●悪心、嘔吐

    ●のどの渇き

    ●多飲、多尿

    ●高血糖

    ●アセトン臭(甘酸っぱい独特のにおい)

    ●ケトアシドーシス(血液が酸性化し、糖尿病性昏睡に陥る)   etc.

    インスリン非依存型糖尿病

    ●徐々に発症し当面は無症状

    ●のどの渇き

    ●多尿

    ●易疲労

    ●体重減少

    ●外陰部のかゆみ etc. ※合併所について 糖尿病は進行すると、とても怖い合併症を引き起こします

    網膜症

    毛細血管瘤をつくり、出血や内腔の閉塞による白斑や浮腫を生じ、視力がしだいに落ちていく。

    さらに進行すると、硝子体出血や網膜剥離をおこし失明することもある。

    眼圧の上昇と緑内障をひきおこす。

    腎症

    蛋白尿から始まり、BUN(尿素窒素)やクレアチニンなどが上昇し、腎不全となる。 乏尿、浮腫、貧血、高血圧などの症状が出る 人工透析の対応となる。

    神経障害

    両足の先端に、しびれなどの感覚異常が出現 腱反射の消失、神経痛、足の冷えやほてり 発汗異常、起立性低血圧、自律神経障害   etc

    糖尿病の原因

    遺伝因子 一般的にインスリン依存型糖尿病がこれにあたるといわれているが、インスリン非依存型糖尿病も遺伝に何らかの関与があると考えられている。

    環境因子 後天的な要因(環境因子)で発症する糖尿病。 肥満、過食、運動不足やストレス、ウイルス感染、化学物質など よくある、『食べすぎ』『飲みすぎ』の糖尿病は、インスリン非依存型糖尿病

    糖尿病の一般的な治療

    食事療法 運動療法インスリン自己注射  etc.

    ※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 【症状】 ...ほとんどが慢性甲状腺炎なので、以下橋本病について...

    (橋本病)

    ●頸部の違和感

    ●意欲の減退

    ●寒がり

    ●発汗の低下

    ●皮膚のかさつき

    ●眉、髪がうすくなる

    ●顔、下肢全体のむくみ

    (粘液水腫)※緩慢な動作、言葉、精神活動により、うつ病の誤診に気をつけること

    【原因】

    ●甲状腺の自己免疫疾患

    ●甲状腺内にある濾胞の破壊が生じたもの

    【治療】

    ●甲状腺ホルモンが十分に分泌されていれば経過観察

    ●甲状腺ホルモンの補充療法

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 【症状】

    ...倦怠感、手のふるえ、発汗、ライラ感、不眠症、易疲労などが代表的な症状

    (バセドウ病)

    ●易疲労、

    ●体重減少、

    ●動悸、

    ●脈が速い、

    ●脈が不規則、

    ●息切れ、

    ●手が小刻みにふるえる、

    ●下痢

    ●微熱、

    ●易怒、

    ●白目の充血、

    ●眼裂拡大、

    ●眼球突出、

    ●視力の衰え

    ●甲状腺腫大 etc.

    (亜急性甲状腺炎)

    ●風邪様症状、

    ●甲状腺腫大(痛みを伴う)、

    ●発熱、

    ●全身倦怠感、

    ●動悸、

    ●息切れ  etc.痛みのある部位があちこちとうつるのが特徴

    (無痛性甲状腺炎)

    ●バセドウ病と同様の症状(ただし、短期間、軽症状)

    【原因】

    ...甲状腺ホルモンが過剰に分泌される

    (バセドウ病)

    ●全身性の自己免疫疾患。

    ●甲状腺ホルモン過剰症

    (亜急性甲状腺炎)

    ●甲状腺のウイルスによる炎症で、一過性の甲状腺機能亢進症

    (無痛性甲状腺炎)

    ●一時的に悪化した慢性甲状腺炎が、一過性の甲状腺機能亢進症を引き起こす

    ●亜急性甲状腺炎と異なり、甲状腺には痛みのないのが特徴

    【治療】

    (バセドウ病)

    ●抗甲状腺薬の服用

    ●甲状腺の亜全摘術

    ●放射性のヨードを内服  etc.

    (亜急性甲状腺炎)

    ●非ステロイド系の消炎鎮痛薬の服用(軽度)

    ●副腎皮質ステロイド薬の服用

    (無痛性甲状腺炎)

    ●経過観察

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 【症状】

    ●疲労

    ●感染

    ●眼瞼下垂(出産などを契機に、まぶたが下がる)

    ●複視(ものがダブってみえる)

    ●全身の脱力感

    ●嚥下困難

    ●呼吸困難  etc.

    ...30歳から40歳ぐらいまでは女性に多い。それ以後は男性に多い

    【原因】

    ●運動神経筋接合部の障害でおこる筋力低下

    (免疫の異常で、筋伝達物質の受容体(アセチルコリンレセプター)に対し障害をきたすもの(抗アセチルコリンレセプター抗体)が体内で増加したため)

    【治療】

    ●胸腺異常

    ●胸腺摘出

    ...比較的症候が軽い場合

    ●薬物療法剤(抗コリンエステラーゼ薬、副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬など)

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 【症状】

    『デュシェンヌ型筋ジストロフィー』 ...男性のみで、ほとんどが5歳以下に発症

    ●転びやすい

    ●跳んだり走ったりできない

    ●立ち上がる際に手を足にそえるようにしてからだをおこす

    ●歩くときの姿勢は腰を前に突き出し、上半身を左右に揺する

    ●仮性肥大(全体の筋萎縮に対して、ふくらはぎが肥大してみえる) (...10歳ごろには、背骨や足の関節が弯曲、拘縮、呼吸不全など。車いすが必要となる )

    『ベッカー型筋ジストロフィー』...多くは5歳以降の発症。進行もより遅く、40歳以上で元気な例もあり。

    ●デュシェンヌ型と同様

    ●程度が軽い

    ●関節拘縮はまれ 『肢帯型筋ジストロフィー』

    ●腰周囲(ときに肩周囲)の筋力低下

    ... 他に、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー、遠位型筋ジストロフィー、眼咽頭型筋ジストロフィーなど

    【原因】

    『デュシェンヌ型筋ジストロフィー』

    ●伴性劣性遺伝(男性のみに発病)

    ●筋肉を包む膜の蛋白質の1つであるジストロフィンの異常 『ベッカー型筋ジストロフィー 』

    ●デュシェンヌ型と同様(程度が軽く、発症も多くは5歳以降のため区別) 『肢帯型筋ジストロフィー 』

    ● 遺伝による(男女とも)

    【一般的な治療】

    特に決まった治療はない(合併症に対しての治療となる)

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 【症状】

    ●手足の筋肉のだるさ(低カリウム血症による)

    ●高血圧症

    【原発性アルドステロン症の原因】

    ●副腎腫瘍...(まれである) 腺腫が原因で、副腎皮質からアルドステロンが過剰に分泌され、各症状をまねく

    ●過形成...(特発性アルドステロン症・ 細胞数の増加が原因で、副腎皮質からアルドステロンが過剰に分泌され、各症状をまねく 原発性

    【アルドステロン症の一般的な治療】

    ●腺腫...手術で摘出など

    ●過形成...薬物治療など

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 倦怠感、易疲労、体重減少、悪心、嘔吐、食欲不振、低血圧、女性では月経異常、恥毛やわき毛の脱落、色素沈着で、顔、首、胸、乳房、関節のまわりなどの皮膚が異常に浅黒くなり、また、歯ぐきや舌や、くちびるの内面に青黒いしみが現われる。

    結核性(副腎結核) >(結核そのものはすでに治癒していることがほとんど) 特発性(自己免疫)(副腎皮質を異物として攻撃、破壊していると考えられる)

    (※なお、つじ自然整術院の施術は上記の倦怠感に対する病気の治療は対象としておりませんが、各専門治療施設にて治療をしていただき、併用として当院にご来院していただくことで、微力ながら改善へのお手伝いが出来る可能性はあります。)

    目次へ戻る

  • 肩こりは状態を表す表現です

    ○○○が原因で肩こりを感じるということです

    ○○○とは、単純に肩周りの筋肉を使いすぎたこともありますが、そんなものは時間とともに改善します。

    いわゆる《肩こり》は慢性的なものを言いますので、おおむね肩周囲の歪みがあるものと考えます

    ですので、○○○とは

    • 首の歪み(ストレートネックなど)が原因の肩こり
    • 肩関節が前方に出ている(猫背の延長)が原因の肩こり
    • 上記2点の原因で、胸郭が下がる、頚部が前方に出ている、肩甲骨が左右離れて前上方に移動しているなどの状態が複合的に現れたコリによる肩こり

    などが代表的な肩こりになります。

    ですので、各部の歪みを複合的に改善することが必要となるのです。

    ...で、上記を鑑みると、胸部への負担が出てきます

    どういうことかというと、胸郭(肺の入っている部分)が、首、肩、背骨に押され、本来の空間を保てないようになり、狭くなってしまう状態になります。

    当然肺は圧迫され、呼吸が浅くなり、呼吸が浅いととても疲れ訳すなります

     

    結果倦怠感につながるのです

    目次へ戻る

  • 倦怠感を感じる要素は複数あると考えますが、

    その中で、自律神経の調整不良があると思います。

    その多くはストレスなどで障害されるものだと考えますが、

    ストレスによる自律神経への最も悪い影響は

    交感神経優位の状態が、特定の部分で続くことです。

    交感神経が優位な状態が続くと、

    睡眠が障害され、ゆっくり眠れなかったりと、

    睡眠の質が悪くなります。

    その他の面でも交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行かないことが多くなります。

    ひいては倦怠感ということになります。

    当院の整体は自律神経はのアプローチも行いますので、

    良い効果があると考えます。

    目次へ戻る

  • 整体で改善される倦怠感で、よくあるのが、

    胸郭(きょうかく)が下がっている状態。

    胸郭とは肋骨が作っている空間全体のことで、

    下がるということは言い換えると胸の部分が垂れ下がっているイメージ。

    このことで、その下にある肺が圧迫され、

    呼吸が浅くなり、各器官に十分に酸素がいかない状態であれば、

    疲れやすく、倦怠感を招きます。

     

    また、病気にもかかりやすくなります。

    胸郭を上げることはなかなか容易にはいきません。

    肋骨は当然脊椎(せきつい・背骨こと)に繋がっており、

    背骨の歪みも大きく関係しており、これは姿勢が関与しています。

    姿勢は長年にわたり脊柱に歪んだ状態を記憶させているとともに、

    癖であるがゆえになかなか正常に戻すことは困難なのです。

     

    ただし最近になって出てきたような症状は、

    ほんの少しの状態改善で、症状はなくなりますので、

    痛みなどはとにかく早めに対応したほうが良いでしょう。

     

    また、定期的なメンテナンスを続けることは将来の痛みから開放される事となります。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる