ヘッダー画像

事故の後遺症なら和泉市のつじ自然整術院

”事故の後遺症”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 事故の後遺症について、正しく理解しましょう

事故の後遺症

主に首周りの傷害の物についての記述です。各部骨折は当院の対象外です(骨折の完治後の施術は対象です)
  • 頸部痛、頭痛、上肢のしびれ感、肩こり、めまい、眼症状、耳鳴り、吐き気など
  • 事故直後から出るものと、直後はとくに症状はないが、数時間から翌朝になって出るものがある
  • また1週間くらいから症状が出て、直接事故と関係ある症状かどうか判断しにくいこともある
  • 受傷直後のエックス線写真では、ほとんどむち打ち傷害に特有な変化をみない

事故の後遺症の原因


事故の後遺症の一般的に言われる原因

  • 事故によるむち打ちと判断するが、原因はわからないことがほとんど
    • (頸部椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、胸郭出口症候群などに発展)

事故の後遺症の無痛整体的な視点から見た原因

  • 頚椎の少しのズレ
  • 頚部周辺の高度な筋緊張(奥のほうまで影響しているので、触ってすぐには分からない事もある)
  • 頚椎のずれや歪みによる神経や血管の圧迫等です
  • 発生の起序
    • 交通事故などで頚部に衝撃が加わる(不意な衝撃になるので、小さな事故でも大きな反応が起きる可能性は高い)
    • 頚椎の小さなズレと深部筋の強度の筋緊張が起こる
    • 小さな筋肉の筋緊張となるので症状は出ない
    • 筋緊張が表面の大きな筋肉まで伝わり頚部の広い範囲で筋緊張を起こす
    • 痛み、しびれ、頭痛など症状を発生する
    • 慢性化へ… etc.

事故の後遺症へのアプローチ


事故の後遺症の無痛整体的アプローチ

  • 頚部周辺の大きな筋緊張の緩和を行い、痛みを軽減する
  • 深部の細かな筋緊張緩和を行う
  • 頚部のゆがみを調整する
  • 自律神経調整を行い、症状が再発しにくい体質を作っていく

事故の後遺症治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

痛みの症状軽減を優先する理由
  • 事故の後遺症の各症状は、根強く残ってしまい、悪化の恐れがあるため、早めに開放する
  • 症状の軽減はQOL(生活の質)の向上につながる
全身施術する理由
  • 頸肩部の歪みが全身に悪影響を与えている可能性があるため
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 自律神経と骨格調整を同時に行うことで、再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 病院へ運ばれたときに特別な症状がないからといって、安心できません。
  • 『温熱療法』で、症状は楽になることが多いです。ただし、元気が満ち溢れている人以外は温熱療法だけでは根本的な改善にはなりません(ただし、悪化の速度を遅くする効果はあると思いますので、そういう意味では有効です)
  • 『牽引療法』は、本来有効な処置です。ただし、方法と強さが問題です。強く引っ張ることは問題外です。ゆっくりの牽引でも、かけ始め、かけ終わり、かける部位、かけ方など、機械で個人に合わせて行うのは神業です。腕の良いPT(理学療法士)にかかられてください。
  • 『筋弛緩薬』の服用は有効です。ただし副作用を考えるとあまりおすすめできません。それなら、どの鍼灸整骨院でも、筋弛緩治療をすれば事足りる程度です。また、筋の弛緩だけでは、根本的な改善にはいたりません。
  • 多くの治療院は、筋の弛緩を行い、症状を軽減してくれると思います。ただし、比較的早い段階で改善の速度が止まることが多いです。より深部の筋緊張緩和のテクニックを持っているか、自律神経調整が出来る治療に早めにかかられる事をおすすめします。
  • 当院でも改善に時間のかかる症状です。出来るだけ早めに後来院いただくことをおすすめします。

0725-46-5310

事故の後遺症のコラム一覧

事故の後遺症のコラム記事

  • 事故のむちうちは、概ね、事故直後よりも数日たった時のほうが痛みが大きかったりします。

    これは急な運動後の筋肉痛に似たことが患部で起きていると考えます。

    筋肉痛ならそのうち治るはずですが、長期にわたり痛みが続くのはなぜでしょうか?

    それは、衝撃により、頚部に多様な組織の変形や傷害が起きているからです。

    障害部分はその部分を守るために筋肉などの組織の硬直(収縮)が起こりますので、

    硬さが痛みをを招き、痛みが更に硬さを発するという悪循環が起こります。

    事故後には早めに対処を行い、最低でも痛みの悪循環を断ち切らなくてはいけません

    さらに言えば、早めに『正しい対処』が必要になります。

    もともと大きな歪みでない場合(事故直後は痛くなかった場合)には、

    正しい処置でなくても、安静にしているば、痛みはなくなる確率は高いです。

    ただし、季節の変わり目、湿度の高い日、気圧の変化などで、

    思い出したかのように痛む確率が高まります。

    ましてや、大きな傷害になれば、痛み自体が解消されないままになってしまいます。

    変形した組織が固まってしまう前に信頼出来る治療院へ通って下さい

    保険の関係で、整骨院に通われる方が多いですが、

    当院の整体に事故の保険を適応することが不可能というわけではありません。

    (整骨院より保険の支払の許可が降りにくいですが、被害者の希望が尊重されますので、不可能ではないです)

    一度視野に入れて考えていただきたいものです。

    目次へ戻る

  • 事故の後遺症といえば、多くがムチ打ちとなるかと思います。

    いつの間にか痛みが出てくるような肩、腰の痛みと違い、

    外から力が働いて原因を作ります。

    本来外的要因による変形は元に戻る力は強いと考えますが、

    (骨折などは別)

    早めに元の状態に戻そうとしないと、

    歪んだ状態をどんどん記憶してしまいます。

     

    ふとした時や、気圧の変化などで、痛みが出たりしますが、

    早めの対応で、痛みの出方の強さや頻度は大きく変わってきます。

     

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる