ヘッダー画像

ぎっくり腰なら和泉市のつじ自然整術院

”ぎっくり腰”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 ぎっくり腰について、正しく理解しましょう

ぎっくり腰

  • 下肢のしびれを伴わず、体動時に腰部付近のみ痛む
  • せきやくしゃみなどで、腰に痛みがひびく

ぎっくり腰の原因


ぎっくり腰の一般的に言われる原因

  • 不用意な動作の瞬間に組織を傷める、または以下の状態のときと言われる
    • (ただしはっきりした原因は不明)
  • 腰部捻挫
  • 椎間板ヘルニアおよびその前駆症状
  • 骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折   etc.

ぎっくり腰の無痛整体的な視点から見た原因

  • 軽い動きでぎっくり腰になるとき
    • もともと腰部に何らかの異常があり、その周辺の筋組織が、他の部位とは少し違う緊張を常に持っている状態があり、そこに不用意な力が加わった
  • 強い動きでぎっくり腰になるとき
    • もともと腰部に何らかの異常があり、その周辺の筋組織が、他の部位とは少し違う緊張を常に持っている状態があり、そこに体が想像した以上の力が加わった
  • 発生の起序
    • 腰は、いわゆる『姿勢』がどこかで悪くなると 自らの体制を変えることで 体全体のバランスをとる役目の多くを 担っている
    • 常に腰周囲に多くの負担がかかる
    • 不意に大小の力が加わり、腰の負担部位と、たまたまピッタリ一致してしまう
    • ぎっくり腰になる
    • 脳が痛みを覚えてしまいなかなか治らない

ぎっくり腰へのアプローチ


ぎっくり腰の無痛整体的アプローチ

  • まずは痛みの軽減。
  • 腰部筋緊張緩和と、腰部の変形を起こした原因を同時に改善していく
  • 全身調整で、自律神経を調整し、無意識に脳に記憶されてしまった痛みの感覚を除去する
  • 自律神経調整は同時に痛みを再発しにくい体質を作っていく

ぎっくり腰治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

痛みの軽減を優先する理由
  • 痛みはQOL(生活の質)の低下を招く
  • 痛みは更なる姿勢の悪化を招く
  • 症状が軽減することによる安心感(精神が安定することはストレスからの開放とともに、更なる症状改善にとってもプラスとなる)
全身施術する理由
  • 原因は痛みの場所以外にあることが多い
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 基本は安静の症状です
  • ぎっくり腰の痛みは、早めに取れることが多いです。ただ、施術の翌日は重だるさを伴うことがあります
  • 当院で2~3回治療すれば、当面再発することは少ないと思います。しかし、原因は残ったままなので、いずれ再発する可能性は高いです(ぎっくり腰は癖になると言われるゆえん)少し通っていただくことをおすすめします。
  • 不用意な動作がきっかけです。動作に『用意』があればぎっくり腰になりません(ヘルニアなど他のものが発症することはあります)自律神経調整で、無意識に動作に対して脳が用意が出来る健康は体質になっていただくとともに、日頃の疲れなどをためない生活も望まれます。
0725-46-5310

ぎっくり腰のコラム一覧

ぎっくり腰のコラム記事

  • ぎっくり腰になるタイミングとして、

    ストレスや疲労などがたまって、

    不用意で緩慢な動作がきっかけとなることが多いということを別の記事に書きました。

     

    その原因がクセモノです。

    ぎっくり腰はなかなか痛みが治まりません。

     

    なぜかというと、

    あなたがぎっくり腰の原因が分からないように、

    体もぎっくり腰の原因が分かっていないからです。

    原因が分かっていないため、対処ができなくて困っているのです。

    とにかく痛みの周囲の組織を硬直させ、

    悪化を防ごうとします。

    組織の硬直化は痛みが出やすい状況を持続します。

     

    当院の整体では筋緊張の緩和、

    痛みそのものの原因となった悪い箇所の改善によって、

    強く記憶された痛みをすこしずつ和らげる様に施術します。

    なので、施術後にいたみがすっかりとれてしまうと言うよりは、

    施術後1日~2日後に大きく改善と言うイメージの予後に

    なることが多いです。

     

     

     

     

     

    目次へ戻る

  • 『何のないのに振り向いた瞬間にぎっくり腰になりました...』

    などとよく聞きます。

    本当に何もなかったのでしょうか?

    【ぎっくり腰】のページにも「不用意」という言葉を使いました。

    そうなのです。用意が出来ていれば、ぎっくり腰になりません。

    (余程大きな刺激が入る場合は別)

    ふつう、無意識にその動きに対応した神経の働きがあり、

    異常箇所をかばう様な動きをとります。

    ところが、動きと神経の働きのバランスが崩れてしまうと腰に痛みが出てしまいます。

    (もちろん、もともと腰部が悪いのが大前提)

     

    で、神経の伝達が、ほんの少し遅れたり、

    バランスが崩れる原因は、ストレスや疲れなどになります。

    「脳」の判断が少し甘い状態の時に

    ぎっくり腰になりやすいのです

     

    目次へ戻る

  • ぎっくり腰は癖になるとよく言います。

    本当に『クセ』なのでしょうか?

    ぎっくり腰は、原因がはっきりしないという事も言われますが、

    腰部の神経を何らかのものが刺激していることは明らかで、

    その痛みの周囲の筋緊張が高まっていることも明らかです。

     

    正常な状態にそのようなことが起こることはありません。

    そのぎっくり腰の部分にすでに異常部位があったのです。

     

    たまたまぎっくり腰という形で腰部の異常箇所の神経が刺激されただけなのです。

    異常部位はなかなか勝手に治ったりしません。

     

    痛みが自然となくなるのは『こなれてくる』と言う表現が近いでしょうか。

     

    ですので、ぎっくり腰は『クセ』ではなく、

    悪い箇所を持ったまま生活しているだけなのです。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる