ヘッダー画像

すべり症(脊椎分離症)なら和泉市のつじ自然整術院

”すべり症(脊椎分離症)”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 すべり症(脊椎分離症)について、正しく理解しましょう

すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )

  • 腰痛、殿部痛、大腿部痛、分離した部分の圧痛
  • 慢性的な腰痛(突発的な腰痛を経験することはない)
  • スポーツ、中腰での作業、長時間の同一姿勢などで増強したり、くり返される
    • (エックス線写真で容易に確認できるので、病院で診断確定されます)
  • ※脊椎は前方の椎体と後方の突起部の2つからなっており、この両者の間の骨性の連絡が離れた状態になっている(脊椎分離症)
  • 結果、前後にずれてしまう(すべり症)
  • ※多くは下部腰椎が分離(腰椎すべり症)

すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )の原因


すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )の一般的に言われる原因

  • 先天性(生まれながら、もしくは生まれる最中の外傷によるもの)
  • 外傷性
    • 分離症
      • 小外傷が反復して加わった結果生じる疲労骨折(運動時の同一動作など)
    • すべり症
      • 分離が生じた後、椎間板の変性が加わって、椎体が前方へすべり出す(20~30歳ごろの男性に多くみられる)
        • (※分離をともなわないで、すべり症が発生することもあります。これを偽性すべり症といい、40歳以上の女性に多く発生)

すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )の無痛整体的に見た原因

  • 以下のような原因ですべり症が発生します。
    1. 姿勢が悪いなど、日頃から腰部等に負担がかかっている
    2. 疲れなどで自律神経の働きが悪くなり、動作と筋肉などの動きにズレが生じた 
    3. 外傷 etc.
      • 上記などが原因で脊椎が分離、又はずれる
  • 発生の起序(外傷以外)
    • 日頃から腰部等の歪みがあり、腰部に負担と筋緊張がある
    • 歪みが進み、運動不足による腰部の脆弱化、もしくはゴルフ、野球などの腰部の酷使が重なる。
    • 腰椎などの周囲の支持が脆弱になるとともに筋緊張とのバランスが崩れる
    • 骨の疲労骨折など分離が起きる
    • 椎体が前方へすべり出し、痛みなどが慢性化する

すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )へのアプローチ


すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )の無痛整体的アプローチ

  • まずは痛みの軽減。
  • すべり症の直接的な痛みの原因となった椎間部の変形に対しての修正と、周囲の歪みを同時に改善していく
  • 全身調整で、遠隔部の歪みをとり、再発しにくい状態を作る
  • 自律神経調整を行う

すべり症(脊椎すべり症・腰椎すべり症・脊椎分離症 )治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

痛みの軽減を優先する理由
  • 痛みはQOL(生活の質)の低下を招く
  • 痛みは更なる姿勢の悪化を招く
  • 痛みが軽減しないと『痛み→姿勢の悪化→痛み姿勢…』の悪化の痛みの悪循環に陥る
  • 症状が軽減することによる安心感(精神が安定することはストレスからの開放とともに、更なる症状改善にとってもプラスとなる)
全身施術する理由
  • 本当の原因は痛みの場所以外にあることも多い
  • 痛みは全身に悪影響を及ぼしていることが多い
  • 悪影響を受けた箇所を残すと、そこがきっかけとなり再発しやすくなる
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 基本は安静であることをご承知ください
  • 特に初期の痛みは、ほんの少しの神経の接触が原因のことが多く、比較的早めに痛みが取れることが多いですが、すべり症は、痛みがなくなったとしても、根本的な原因の除去には、症状や経年に応じて時間がかかります
  • 腰部椎間板ヘルニアとともに若者の腰痛の大きな原因の1つです。日頃の適度な運動と正しい姿勢を心がける生活習慣が必要です。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

0725-46-5310

すべり症(脊椎分離症)のコラム一覧

すべり症(脊椎分離症)のコラム記事

  • 腰痛・すべり症

    腰痛を感じていつまでも治らないので、病院に行ってみると『すべり症』と言われたという経緯が一番おおおいのでしょうか。

    椎骨(背骨)の一部が前後にずれると『すべり症』なのですが、正常な状態ではズレません。

    背骨は椎骨という骨が積み重なってできているのですが、通常は前後にずれないように、上下に突起が出ています。

    主にこれが気付かないうちに折れてしまってズレやすくなり(靭帯や筋肉で踏ん張っています)いよいよずれがひどくなると痛みが出ます。

    簡単に言えばズレを治すと痛みもなくなることになります。

    整体やカイロなどでは、このズレを何とか元に戻そうとします。

    当院の整体でもずれを治そうとするのですが、治し方に特徴があります。

    痛みの周囲では筋肉の緊張がある上に、ズレの周囲でもズレた状態で何とか耐えようとする作用が働いています。

    痛みやゆがみの情報から脳が組織を固くして保護するように指令を出し続けています。

    このままではなかなか痛みの負の連鎖は止まりません。ですので、自律神経の調整ということが不可欠になります。

    さらに、椎骨がズレやすいということは大きな力をかけると悪化する恐れが強くなります、なるべく優しくしかもしっかり体や脳に正しい状態を思い出してもらわなければなりません。

    そんなことを意識しながら施術をしています

    目次へ戻る

  • すべり症(腰椎分離症・脊椎分離症)は

    気づかないうち骨折をおこし、状態が悪化していきます。

    痛みは徐々に出てくることが多いため、

    痛みがひどくなって医療機関にかかる時には

    分かりやすくズレていることも多いようです。

    同じ生活パターンを続けていれば、

    状態が改善されるわけはありません。

    早めの対応が必要となります。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる