ヘッダー画像

O脚なら和泉市のつじ自然整術院

”O脚”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 O脚について、正しく理解しましょう

O脚(膝の内反)

  • 下肢が膝のところで離れている状態。膝の間に2本の指が入るほどのすき間が目安
    • (膝がくっついて、足首のところで開く状態をX脚=膝外反と言う)

O脚(膝の内反)の原因


O脚(膝の内反)の一般的に言われる原因

  • 先天的な骨の病気
  • くる病
  • 骨折
  • 幼少期の膝への過度の荷重、もしくは長途歩行
  • 乳児期に立位強要  etc.

O脚(膝の内反)の無痛整体的な視点から見た原因

  • 幼少期の脆弱な膝への歩行不良などによる負担
  • 発生の起序
    • 幼少期に膝の関節が完成していない状態で歩行する
    • 膝の内側に力がかかり内反状態での歩行となる(赤ちゃんは全て内反膝で、その名残もある)
    • 少々の負担なら、しなやかで回復力の高い幼児の組織なので変形はしないが、負担が大きかった、回復力が弱かった、しなやかさが少なかった、他の部位も歪んでいたなどが原因で、少しずつ膝への負担がたまってくる
    • 歩行は毎日のことなので癖付いてしまう
    • 成長とともに堅固な状態になる  etc.

O脚(膝の内反)へのアプローチ


O脚(膝の内反)の無痛整体的アプローチ

  • 股関節、膝部周辺の筋緊張の緩和
  • 股関節 膝部周辺のゆがみの是正
  • 全身調整で、遠隔部の歪みをとり、再発しにくい状態を作る
  • 自律神経調整を行う

O脚(膝の内反)治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

全身施術する理由
  • 膝のゆがみは全身に悪影響を及ぼしていることが多い
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 一般に、2歳ぐらいまでのO脚は自然に消失するもので、生理的O脚と言い、正常です
  • その後、ある程度の年齢になっても、病気が原因なければ、自然治癒する事も多いので、経過を観察となります
    • (どちらかと言えば、X脚の方が問題です)
  • 内側の半月板への悪影響(痛みを伴うこともあります)や、外側側副靭帯(膝の外側の靭帯)、さらには股関節、足首などへの悪影響も考えられますので、痛みがなくても、対処をしておくほうが良いかと思います
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう

0725-46-5310

O脚のコラム一覧

O脚のコラム記事

  • 骨盤が後傾している方に

    O客でお悩みの方が多いです。

    どういうことかというと、骨盤後傾は

    いわゆるがに股になりやすいのです

    ですので、ガニ股状態をO脚と取り違えている方が多いということです。

    そんな方は、当然骨盤矯正でO脚を改善できるということになります。

    ですので、本格的に膝関節の内反によるO脚はこれには当たりません。

    ところが、そんな膝関節の内反の方が、骨盤後傾をされていないかといえば

    そうではないのが現実です。

    と言うことは、O脚の方が骨盤矯正をされたならば、

    状態が改善される可能性を十分に持っているということになるのです。

    目次へ戻る

  • O脚の状態には大きく分けて2種類あります。

    一つは膝関節の内側などに問題がある内反足の状態(本来のO脚)

    もう一つは骨盤が後傾している状態にあり、いわゆるガニ股状態のO脚

    この場合は骨盤矯正という事になります。

    骨盤の後傾によるものでも、その状態が長いと、

    膝の変形も進み変形性膝関節症を伴ったO脚となることもあります。

    一般的にはあまり区別されていないようですが、治療の際には大いに考慮すべきものだと考えます。

    目次へ戻る

  • 股関節に原因があるO脚があります

    骨盤後傾による、いわゆる『ガニマタ』に近い状態です。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる