ヘッダー画像

半月板損傷なら和泉市のつじ自然整術院

”半月板損傷”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 半月板損傷について、正しく理解しましょう

半月板損傷

  • 損傷と同時に膝に激痛を感じて歩けなくなる
  • 関節血腫
  • 関節水腫
  • 嵌頓症状(膝の伸展運動がある角度で急にひっかかって、のばせなくなること) etc.

半月板損傷の原因


半月板損傷の一般的に言われる原因

  • 半月板が、スポーツなどで膝が屈曲した状態でねじられ、断裂される
    • (半月板…大腿骨と下腿の骨の間にあって、関節の安定性を高めたり、クッションの役目をしているもの)

半月板損傷の無痛整体的な視点から見た原因

  • 以下のような原因で膝痛(変形性膝関節症)が発生します。
    • 姿勢が悪い、激しいスポーツなどで、日頃から膝部に負担がかかっており、最後に大きな力が加わり発症する etc.
  • 発生の起序
    • 日頃から姿勢や歩行の不良または、激しい運動などで、膝部周辺に筋緊張がある
    • 靭帯、関節包など周囲組織の変形をきたす
    • 疲労などにより自律神経の調整が不安定になる
    • いつもと違う動作をしてしまい、大きく膝に力が加わってしまい発症   etc.

半月板損傷へのアプローチ


半月板損傷の無痛整体的アプローチ

  • まずは痛みの軽減。
  • 膝関節痛の直接的な痛みの原因となった骨間部の変形に対しての修正と、周囲の歪みを同時に改善していく
  • 全身調整で、遠隔部の歪みをとり、再発しにくい状態を作る
  • 自律神経調整を行う
  • 半月板の再生を待つ

半月板損傷治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

全身施術する理由
  • 本当の原因は痛みの場所以外にあることが多い
  • 痛みは全身に悪影響を及ぼしていることが多い
  • 悪影響を受けた箇所を残すと、そこがきっかけとなり再発しやすくなる
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 急性疾患ですが、改善には時間がかかる場合が多いです
  • 損傷の程度がありますので、特に大きな損傷の場合は安静が必要となります
  • 変形があれば、骨棘の形成につながりますので、早めの対処が必要です
  • もともと関節軟骨は再生しないと言われるぐらい再生が遅いです。無理は禁物です。
  • 軽度の損傷なら、ほんの少しの神経の接触が原因のことが多く、早めに痛みが取れることがあります。しかし痛みがなくなったとしても、根本的な原因の除去には、時間がかかります。気長な治療となります。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

0725-46-5310

半月板損傷のコラム一覧

半月板損傷のコラム記事

  • 半月板が損傷してしまった状態に対して

    整体はできることがあるのでしょうか?

    損傷...壊れてしまったものが整体で治るのでしょうか?

     

    答えは『戻せない』が正解です。

    もともと、半月板自体、再生しないとされている(かなり再生しにくい)もので、

    何を行ってももとには戻りません。

     

    では、当院に半月板損傷で来られたら何をするのでしょうか?

    それは、まず各関節等、正しい位置に近づけることです。

     

    半月板自体、痛みを感じるものではありませんので、

    損傷したからと言って、痛みません。

    その周囲の組織が痛みを感じているのです。

     

    なので、損傷状態とは言え、それぞれが収まるところの収まれば

    痛みを感じません。

    損傷の程度によりますが、収まれば普通に生活できることも多いです。

     

    痛みがなくなれば再生を待つのですが、

    膝は特に荷重関節なので、少しでも空間があれば、押しつぶされる方向に圧がかかっています。

    なので、定期的な牽引方向への刺激は必要ですし、

    通常生活の加重以上のものは避けたほうが良いでしょう。

     

     

     

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる