ヘッダー画像

頚 肩 腕 症候群なら和泉市のつじ自然整術院

”頚 肩 腕 症候群”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 頚 肩 腕 症候群について、正しく理解しましょう

頸肩腕症候群

  • 頸・肩・腕の自発痛、運動痛、こり、脱力感、しびれ感など
    • ※ただし、病院などの診断により原因がはっきりしないもの

頸肩腕症候群の原因


頸肩腕症候群の一般的に言われる原因

  • 神経性による疲労や疼痛
    • キーパンチャー障害
    • レジスター障害 etc.

頸肩腕症候群の無痛整体的な視点から見た原因

  • 原因不明と言われたものでも、頸部椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、胸郭出口症候群や五十肩の前駆症状のことがあります
  • 原因の多くは、関節部(特に椎間関節)のずれや歪みによる神経や血管の圧迫等です
  • 発生の起序
    • 円背(猫背)や、ストレスなどからくる頚椎の歪みや、頚椎椎間関節の狭小化がおきる
    • 関節の狭小化とともに、周囲の筋緊張の高まる
    • 椎間関節部の変形と、筋緊張との悪循環が起き、強固な慢性化へ
    • 頸肩腕症候群の症状が定着する

頸肩腕症候群へのアプローチ


頸肩腕症候群の無痛整体的アプローチ

  • 頚肩腕症候群の症状の軽減をはかる
  • 頚部を中心とした、全身調整(頚部には必ずと言っていいほど悪影響が出ている)を行う
  • 自律神経調整を行い、頚肩腕症候群の症状が再発しにくい体質を作っていく

頸肩腕症候群治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

頸肩腕症候群の症状軽減を優先する理由
  • 頸肩腕症候群の症状が軽減すると、ストレスからの開放とともに、他の異常部位の改善にとってもプラスとなる)
  • 頸肩腕症候群の症状の軽減はQOL(生活の質)の向上につながる
  • 頸肩腕症候群の各症状は頚部に悪影響が出やすく、根強く残ってしまうので早めに開放するため
全身施術する理由
  • 頸肩部の歪みが全身に悪影響を与えている可能性があるため
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 自律神経と骨格調整を同時に行うことで、再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 症状が出た時には、すでに歪みは大きく進行しています。早めの正しい対処が必要です。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

0725-46-5310

頚 肩 腕 症候群のコラム一覧

頚 肩 腕 症候群のコラム記事

  • 頸肩腕症候群は原因不明病ということになっています。

    病院では原因不明病の多くはストレスとの関係を考えるようです。

    (ストレスという概念が希薄であった頃は本当に原因不明だと片付けられていたのでしょうが...)


    ストレスによる症状であることに違いはないと思います。

    ただし、ストレスだけではなかなか出ない症状だと考えています。

    やはり、手がしびれる、肩が凝る、めまい、吐き気、頭痛...になる原因箇所があった上で、

    ストレスが加わり症状として現れているものと考えています。


    その原因箇所ですが、はっきりと『ここ!!』とわかることは少なく、

    なんとなくこの辺というのが本音です。

    (レントゲンで写らないものが体外から指で触って簡単にわかるはずはありません)


    何度か試しながら原因箇所を絞って行きます。

    そしてその原因に対してアプローチします。


    一方、ストレスの解消に対してはなかなか整体の及ぶものでなありませんが、

    当院の無痛ゆらし整体に関しましては十分リラックスしてもらえます。


    また、原因箇所は自律神経に対しても良い影響を与えませんので、

    その部分の改善が進めば、ストレスに対しての耐性が高まるとも考えています。

    目次へ戻る

  • このホームページ内にも書いていますが、
    原因不明の首、肩、手に症状が出るものの総称です。

    どのみち、症状名が付いていても参考程度にしか考えませんので、
    『頸肩腕症候群』といっても、あまり意味のない名前になります。

    当院では症状名というより、
    目の前の体の状態と、
    痛みの出具合を、独自の目線で見ているのです。

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる