ヘッダー画像

オスグット(成長痛)なら和泉市のつじ自然整術院

”オスグット(成長痛)”と本気で向き合うのなら、和泉市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 オスグット(成長痛)について、正しく理解しましょう

オスグット(成長痛・オスグッド・オスグッドシュラッター)

  • 脛骨結節部(膝の下の膨らんだ所)の痛み。動作で悪化し、腫れと圧痛が生じる。
  • 成長期に現れる症状

オスグット(成長痛・オスグッド)の原因


オスグット(成長痛・オスグッド)の一般的に言われる原因

  • 膝の下のふくらみ(頚骨粗面)が繰り返し強く引っぱられることによって、肥大や断裂が起こる

オスグット(成長痛・オスグッド)の無痛整体的な視点から見た原因

  • 成長期の骨と筋肉の長さのバランスが崩れたときにおこる
    1. 骨が先に成長しすぎて筋肉がそ成長のスピードについていかないとき(多い)
    2. 運動による筋緊張で、もともと骨に比べて短めの筋肉が頚骨粗面を強く引っ張る
    3. 大腿後面の筋肉の筋緊張によるひざ関節のずれ(あまり言われていない)
  • 発生の起序
    • 成長期に、大腿骨の成長が大きく進む
    • 太ももの筋肉(大腿四頭筋)など周囲の筋肉が骨の生長についていけなくなる
    • 大体四頭筋が、その付着部の頚骨粗面(ひざのすぐ下のふくらみ)を常に引っ張る形になる
    • 頚骨粗面が筋肉の牽引に負け隆起し、痛みが生じる(または先に太ももの筋肉が痛くなる)
    • 運動などをしていれば、更に大体四頭筋の牽引力が強まり症状が悪化する  etc.

オスグット(成長痛・オスグッド)のアプローチ


オスグット(成長痛・オスグッド)の無痛整体的アプローチ

  • まずは痛みの軽減
  • 大腿周辺、腰部周辺の筋緊張緩和
  • 膝部の歪み修正
  • 自律神経調整を行い、今後のバランスよい成長を促す

オスグット(成長痛・オスグッド)治療に際しての確認


知っておいてもらいたいこと

痛みの軽減を優先する理由
  • 痛みはQOL(生活の質)の低下を招く
  • 痛みは更なる症状の悪化を招く
  • 痛みが軽減しないと『痛み→症状の悪化→痛み→…』の痛みの悪循環に陥る
  • 小児の姿勢悪化は癖がつきやすく、痛みは歩き方に影響を及ぼすため、早めの解消が必要
全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 成長しきっていない子供の骨はやわらかく変形しやすいので、筋肉の引っ張る力に負けてしまうのです。
    早めに対応することが、余計な変形を最小限にとどめ、また短期間の改善につながります。
  • 成長期におけるお子様の運動には入念なストレッチが必要になります
  • 比較的早く痛みがなくなる場合も多いのですが、当面激しい運動は出来るだけしないような指導を行っていただきたいと思います

0725-46-5310

オスグット(成長痛)のコラム一覧

オスグット(成長痛)のコラム記事

  • 足・成長痛

    骨端症とは...

    子供の骨の成長は、骨の端っこ(骨端軟骨またはは骨端核と呼ばれるところ)がぐんぐん成長していきます。

    当然成長に必要な栄養の多くは血液で、その肝心な血液が血行障害でうまく栄養されない場合に起こる痛みや変形のことを『骨端症』というようです。

    骨端症については、壊死(血液の量が全く不足し組織が死んでしまうこと)に至るというより、そのうち自然と成長過程に戻るということです。

    ただし、ペルテス病(股関節)などを骨端症に位置付けるなら、壊死に至るということを含めなければなりません。

    一般的に骨端症と呼ばれるものには

    ●オスグッド・シュラッター病...膝の下前面
    ●パンナー病...肘の外側
    ●セーバー病(踵骨骨端症)...踵(かかと)
    ●ケーラー病...足の甲、足首の近く
    ●フライバーグ病(第2ケーラー病)足の甲、指の近く

    などがあります。

    骨端症をどこまで包括するかは考え方によるものだと思います。

    さて、ここからが私の考え方。

    骨端症という症状の原因として、筋肉、姿勢などのバランスの崩れが大きく影響しているようです。

    その結果として痛みの部位の変形を起こし、その後に血流云々の話が出てきます(先に血流ありきの病気はわずかだと考えます)

    そうでないと、『その場で痛みが取れる』などということはあり得ないと思います。

    世間で骨端症と呼ばれているものの多くは本当の意味での 『骨端症』ではないのかもしれません。

    目次へ戻る

  • 膝の痛み

    シンディング・ラーセン病とは成長痛のたぐいです

    シンディング・ラルセン・ヨハンソン病が正式な名称でしょうか。

    オスグット・シュラッター病と類似の状態ですが、

    痛めている場所が少し違います

    膝の皿の部分(膝蓋骨)から下に向かって伸びている靭帯(膝蓋靱帯)の上端部付近を痛めて炎症などがあれば『シンディング・ラーセン病』、一方、オスグットは膝蓋靱帯下端、脛骨粗面というところを痛めて炎症などが起きているものです。

    ですので、概ね機序は同じで、治療法もオスグット病を同じ考え方で効果があると考えます。

    ただし、初期症状なら安静にて完治する確率はオスグットより高くなると思いますので、無理はしないほうが良いでしょう。

    目次へ戻る

  • 何人ものオスグッドを診てきましたが、大方は1回~数回で痛みが取れます。

    ところが、中にはなかなか痛みの取れないものもあります。

    体の使い方に無理がかかっている状態が長いと症状もしつこくなります。

    やはりスポーツをハードに行なっているとオスグッドの原因が多岐、細部に広がる可能性があります。

    しかし諦める必要は全くありません。病院で、5~6年で自然に治ると言われることがありますが、数ヶ月で治る可能性を考えると、それでも十分価値があります

     

    目次へ戻る

  • オスグットの原因は大腿四頭筋が

    常に脛骨粗面を引っ張り、変形をきたし痛みを発生するものですが、

    単純に大腿四頭筋を弛めると治るものではありません。

    (治ることもあります)

     

    大腿四頭筋への影響は、

    腰部、臀部、膝、足首など多岐にわたります。

    どの部位が悪いかは人それぞれです。

     

     

    目次へ戻る

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる