ヘッダー画像

『すべり症と言われて...』…和泉市整体

  • すべり症(脊椎分離症)

    『すべり症と言われて...』

    腰痛・すべり症

    腰痛を感じていつまでも治らないので、病院に行ってみると『すべり症』と言われたという経緯が一番おおおいのでしょうか。

    椎骨(背骨)の一部が前後にずれると『すべり症』なのですが、正常な状態ではズレません。

    背骨は椎骨という骨が積み重なってできているのですが、通常は前後にずれないように、上下に突起が出ています。

    主にこれが気付かないうちに折れてしまってズレやすくなり(靭帯や筋肉で踏ん張っています)いよいよずれがひどくなると痛みが出ます。

    簡単に言えばズレを治すと痛みもなくなることになります。

    整体やカイロなどでは、このズレを何とか元に戻そうとします。

    当院の整体でもずれを治そうとするのですが、治し方に特徴があります。

    痛みの周囲では筋肉の緊張がある上に、ズレの周囲でもズレた状態で何とか耐えようとする作用が働いています。

    痛みやゆがみの情報から脳が組織を固くして保護するように指令を出し続けています。

    このままではなかなか痛みの負の連鎖は止まりません。ですので、自律神経の調整ということが不可欠になります。

    さらに、椎骨がズレやすいということは大きな力をかけると悪化する恐れが強くなります、なるべく優しくしかもしっかり体や脳に正しい状態を思い出してもらわなければなりません。

    そんなことを意識しながら施術をしています

    和泉市整体トップへ

0725-46-5310

『すべり症と言われて...』の関連記事(無痛の整体)

  • すべり症と言われて...

    すべり症と言われて...

    『すべり症と言われて...』を読む

  • 腰椎分離症の治療

    『腰椎分離症の治療』を読む

  • つじ自然整術院 紀の川 整体院
  • つじ自然整術院
0725-46-5310
上へ
閉じる
閉じる